家族にバレずに主婦がカードローンを借りられる方法とは?

主婦という立場は限られた収入の範囲内において家計のやりくりを求められ、なおかつ家族のレジャーや旅行、子供の教育費、夫の交遊費、それに主婦が自分自身のために使うファッションやコスメの費用など様々な出費に対応していかねばなりません。その上でもしもお金が不足する事態に陥った時には銀行や消費者金融などで手軽に借入契約を結ぶと良いでしょう。

銀行や消費者金融ではキャッシングやカードローンなどの融資方法が充実しており、とりわけカードローンは一枚の個人専用カードを発行することでそれを持ってATMに駆けつけるだけで融資金を得ることが可能となります。もちろん申込み手続きも手軽で、スピーディーに審査を受けて借入まで手順を進めていくことが可能です。

ただしカードローンの契約において主婦としては、できるだけ夫や子供達、あるいは父母や義父母などにバレずに借入契約を結びたいと願う場合が多いことでしょう。そのためには幾つかの注意が必要です。例えば連絡用の電話番号に自宅の電話番号を記載していると本人の不在時に家族が出てしまう可能性があるので、可能であれば自分の携帯電話の番号を書き込んでおくのが良いでしょう。

また新規カードや契約書や利用明細書を郵送扱いにしていると、それらの配達時に家族が受け取ってしまいバレてしまうリスクが増えます。そのため新規カードは自動契約機にて受け取り、契約内容や明細書は逐一ネットのマイページにて確認できるようにしておくことが望ましいでしょう。

そして消費者金融では総量規制の対象のため主婦が借入を行うには正社員であれパートであれ何らかの収入を得ていることが求められます。一方で銀行カードローンは総量規制対象外なので条件さえ合致すれば無収入でも借入することができます。それらの点も踏まえた上で軽い先や借入方法、さらには書類やカードの受け取り方法を選択していくと良いでしょう。
関連