人からお金を借りるとき書類は用意したほうが良い?

人からお金を借りる時には、お金借りれる事で友情や人間関係に支障をきたす事や返済の状況では全てを壊してしまう事を貸す側も借りる側もしっかりと理解しておく必要があります。その為、金融機関や貸金業者は借用証書や金銭消費地借契約書を作成しトラブルを回避しています。金融機関や貸金業者の場合、借りたお金の時効は債権名義を取得しない限り5年ですが、個人間の借り入れの時効は10年と長く設定されています。しかし、個人間の借り入れは口約束で金銭貸借が行われるケースが多いので、お金を貸した日時や金額、返済方法、利息、遅延損害金などが非常に不明瞭でトラブルになった時には言った言わないの水掛け論となってしまいます。その為に、個人間の借り入れでも第三者に対する証明が出来る様に借用証書や金銭消費地借契約書などに類似した書類を公正証書として作成するべきです。公正証書は、私文書に当たる通常の借用証書を公証人が作成する公的な証明書であり、公文書は非常に信頼性が高いので第三者に対して高い証明力を発揮します。お金の借りる時に明確な借用書を作成する事で、期限の利益や利息、遅延損害など借りる側の権利をしっかりと守る事が出来ます。期限の利益は、期限の到来までは債務を履行する必要がない債務者の権利であり、貸主の勝手な都合による返済請求を禁止しています。しかし、逆に期限の経過や未払い分が発生すると場合によっては一括返済を求められる事があります。借用書は、借りる側だけで無く貸す側の権利を平等に守る事が出来るので、人からお金を借りる時には作成するべきです。